他人の土地利用における地上権と地役権の根本的な違いとは
自分の土地を利用するためには、他人の土地を借りて利用しなければならない、という場合があります。
例えば、自己所有である農地で農業を行うために、用水路から水を引かねばならず、その際には他人が所有している用地を通さなければ、その用水路から自分の農地に水を引くことが出来ないという場合には、用水路から自分の農地への通り道となる土地を所有している人と交渉して、そこに水路を設けるためにその人の用地を利用できる権利を与えてもらう、ということになります。
このように、自分の用地を利用するために、他人の用地の一部を利用させてもらうための権利のことを、地役権と呼んでいるのです。
この地役権が地上権と異なる点とは、単に他人の土地を使用させてもらう地上権とは異なり、自分の用地を利用するためには不可欠となる他人の土地利用権であることです。
このために、地上権というものが自分の地所を持たない人でも設定できる権利であるのに対して、地役権というものは、自分の地所を持っている人でなければ設定できない権利、となっているのです。

Comments are closed.

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com